MENU

格安スマホで通信費を安くしたいならしっかり比較しよう

最近では雑誌やテレビのニュースなどで耳にする「格安スマホ」。気になるあなた。こんな悩みがありませんか?

女性

 今使ってるスマホ料金が割高と感じている
 あまり電話をしないのでかけホーダイが必要ない
 格安スマホにしてみたいけど一体どれがいいか分からない

 

 

女性

「最近スマホ代が安くなると話題の「格安スマホ」ですが、なんだか色んな会社があって分かりづらいというのが現状ではないでしょうか。」

 

 

よくある格安スマホ初心者の疑問

 

最近、「格安スマホ」って言葉をよく聞くけど実際に安くなるの?

電話をあまりしない人は今使っているスマホを「格安スマホ」にすれば月額料金が数千円安くすることも可能です!

今もっているスマホをそのまま使える?

はい。docomoのスマホならMNP後にSIMカードというのを差し替えるだけで利用可能です。auのスマホは「mineo」と「UQ mobile」のみ選択可能です。softbankのスマホは「Y!mobile」のみとなっています。

格安スマホにすると不便なことは?

携帯会社のメールが使えなくなること。同キャリアの無料通話がないこと。ネット回線速度がやや遅いこと。などありますが、そのほかは普通に電話もネットも利用できます。メリットやデメリットはこちらのページで詳しく解説しています。

 

女性

「最近よく耳にするようになった「格安SIM」や「格安スマホ」が最近大注目されています。このサイトでは格安SIMに関するキャンペーン情報やおすすめのMVNO、格安スマホなど徹底的にご紹介しています。」

 

今すぐランキングを見るボタン

 

格安スマホとは一体なに?

スマホとSIM

格安スマホとは「電話番号そのままで月額料金を安くすることができる普通のスマホ」のことです。使い方によっては今利用しているdocomo、au、softbankのスマホ料金を安くすることができます。

 

たとえば、スマホを使っているけど月にほとんど電話をしない。月に1時間以内だという場合にはカケホーダイプランは必要ないですよね。docomoのカケホーダイライトプランでも毎月1,700円かかります。電話代なんて1分で40円ですし、ほとんどかけない管理人なんかは月に300円程度しかかかりません。そんなプランに毎月お金を払うのはもったいない。

 

それなら同じdocomoの電話とLTE回線が使えて毎月の自分が使う分だけのデータ通信量を払うほうが月々のスマホ代を安くすることができます。それが格安スマホなんですね。

 

格安スマホはどれくらい通信費を節約できる?

節約

今までは普通に三大キャリア「docomo」「au」「softbank」で契約していたと思いますが、格安スマホにすると全然月額料金が違います。一般的なスマホ料金の平均値としてはだいたい8千円程度が多いとアンケート結果がでています。

 

ですが、スマホを格安スマホに代えるだけで使い方によっては月々3千円程度に節約することができます。ですので、毎月だいたい5千円程度の節約になり、年間では6万円程度の節約効果を生み出すことができます。

 

家族4人全員スマホを使っている場合、月に2.4万円になりますので、4人全員格安スマホに変更すると月1.2万円程度(平均値)になります。それだと月1.2万円程度の節約効果が期待でき、年間では14.4万円(月5千円×12ヶ月)の節約効果が期待できます。

 

変更前 変更後 年間節約効果
24,000円

(月8千円×4人)

12,000円

(月3千円×4人)

144,000円

(月5千円×12ヶ月)

 

特にカケホーダイが必要ないくらい電話をしない人にはかなりメリットがあります。逆に電話を1ヶ月に1時間以上するという人には逆に月額料金が高くなる場合もありますのでその場合は電話専用としてガラケーを一個用意してデータ通信(ネット)用としてもう1台用意して節約するといういわゆる2台持ちという手段もあります。

 

とにかく安く格安スマホにしたいけど、中古で使えるスマホがなくてスマホを新しいのにしたい場合は1万円前後で購入できる格安スマホがあります。どんどん新機種が登場しているのでちょっと古いスマホは本体価格が割引されて安く購入できますのでお得です。

 

1万円前後で購入できる格安スマホはこちら

 

 

格安スマホとdocomoの月額料金を比較してみた

比較項目 格安スマホ docomo
契約年数

データ通信 1ヶ月
音声通話 半年

2年間
通話料金

20円/30秒
※5分かけ放題あり

かけホーダイ 1,700円
パケット代 5GB 2,150円(楽天モバイル) 5GB 5,000円(データMパック)
毎月の月額料金 約2,150円+通話代 約7,000円+スマホ代

 

格安スマホの楽天モバイルと三大キャリアのひとつdocomoとデータ通信量月5GBで月額料金を比較してみました。これに加えて端末の分割料金やオプション料金などが加算されますが、格安スマホの通話代を抜きにしても最大約5,000円は節約できる計算になります。

 

docomoで契約するときは新しいスマホにする人が多いでしょうから、それに端末料金などが加わると1万円近くなってしまいます。高いですね。

 

しかも、今回は5GBで計算しましたが、5GBのデータ量を毎月使う人というのは割合としては少ないんです。多くの人が毎月3GB以下です。もし、スマホ料金の明細表が手元にあったりdocomoなどの料金明細があるのであれば一度見てほしいと思います。

 

つまり、データ使用量が少なければ料金プランを下げてさらに節約することも可能です。楽天モバイルなら3.1GBプランでさらに約500円ほど毎月節約できます。

 

それでも通信速度は下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsです。格安スマホは通信速度が遅いとよく言われますが、それは都内の渋谷など混雑しやすいエリアで速度調査すれば当然です。周りにあまり人がいないエリアなら普段使いに問題のない通信速度が出るはずです。

 

管理人も格安スマホを使っています。以前はsoftbankを使っていたんですが、BIGLOBEスマホに変えてからちょっと遅くは感じるものの普通にアプリやネットサーフィン、電話をしていますよ。

 

電話代は楽天でんわというアプリで半額の10円/30秒にすることもできますし、電話料金が月850円を超えるのであれば5分かけ放題プランにも入るという手もありです。

 

 楽天モバイルの詳細はこちら

 

今すぐランキングを見るボタン

 

格安スマホと三大キャリアの通信速度を比較

速度

格安スマホと三大キャリアの通信速度を比較して違いを調べてみると意外にも最大速度についてはそんな変わらないことが分かります。

 

比較項目 楽天モバイル docomo au
下り速度 225Mbps 225Mbps 225Mbps
上り速度 50Mbps 50Mbps 75Mbps

 

理論値として比べるだけなら、実は格安スマホも三大キャリアと速度を比較しても変わりません。エリアについてもdocomo系とau系では違いますが、docomoとdocomo系のMVNOではエリアは変わりません。では、なぜ格安スマホにすると通信速度が遅く感じるのかというとdocomoやauの電波の一部を借りているからです。

 

docomo自体が使っている電波を少しだけMVNOにそれぞれ配っているので、どうしてもMVNOのほうでは通信速度が遅くなります。たとえば、docomoが極太のホースだとしたら、MVNOは細いホースです。太いほうが水の流れはいいですよね。それと同じような感覚で電波も流れないので通信速度が遅くなります。

 

でも、格安スマホにしたらめちゃくちゃ遅くなるというわけではなく、約5Mbps程度と普段使う分には問題ないレベルの通信速度となりますので大丈夫です。(無制限プランがいくつかありますが各社だいたい3Mbps程度としており、普段使うと約1Mbpsとなりますのでもっと遅くなることを覚悟しなくてはいけません。)

 

auのスマホをご利用なら要注意!

もし、あなたがauのスマホを利用していてdocomoにせずにそのままauを使い続けたい。もしくはauの格安スマホがいい!という場合は要注意です。なぜなら、ほとんどがdocomo回線系のMVNO業者だからです。つまり、auのスマホではdocomoの回線に対応していなくて使えません。

 

au回線のMVNO業者も少ないですが数社ありますのでぜひこちらの記事をチェックしてください。

 au回線のMVNO業者はこちらをチェック

 

格安スマホはなぜ安いのか

格安スマホは月額料金がdocomoやau、softbankで契約するよりも安いのには理由があります。それは「電話回線やLTE通信網の一部を借りているから」です。自分の会社で回線のインフラ整備を用意する必要がないので莫大なコストがカットできます。携帯通信会社に利用料を支払えばその分電話やLTE回線を借りて契約者に提供できるので月額料金を安く設定することができます。

 

ただし、その分契約者に提供できるネット回線が少なくなりパンクしやすかったり混雑時にはLTE回線の速度が遅く動作が重くなるケースもあります。ですが、3台キャリアの料金プランにはない自分が使う分だけのプランに柔軟に対応できるのが大きなメリットです。

 

格安スマホのメリット・デメリットはこちら

 

最近は格安スマホとSIMカードのセット販売が主流

楽天モバイル

最近では格安スマホと呼ばれるSIMフリースマホと格安SIMカードをセット販売が増えてきました。とはいえ、すでにdocomoやauのスマホを持っていたりSIMフリーのタブレットにさして使いたいという人にはSIMカード単体のデータ通信のみSIMでも十分です。

 

結局はdocomoやau、softbankの通信網を使っているので通話やネット回線には問題ありません。MVNOの違いといえば、月間通信量や月額料金、料金プランの豊富さ、余った通信量を翌月に持ち越しができるかできないか、キャンペーンでお得にキャッシュバックがもらえたりできるか選べるSIMフリースマホ機種の数などです。

 

格安スマホとSIMカードのセットでおすすめはこちら

 

今すぐランキングを見るボタン

 

格安SIMとスマホセットで失敗しないためには

SIMフリースマホを持っていない人は格安SIMとSIMフリースマホをセットで購入することを検討してみてください。24ヶ月で端末代は分割払いとなりますが、月々2千円〜3千円程度になるので一括で購入するよりもお財布への負担が軽く気軽に格安スマホを利用することができます。

 

月額料金はほとんど各社で変わりません。月額料金よりも各社のサービスで選んだ方が良いと思います。

 

たとえば、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるか。もし、速度制限がかかってもバースト機能で一時的に高速化できるか。端末故障時に修理できるオプションがあるか、LTEの通信制限なしで使い放題プランがあるかです。

 

または、欲しいスマホ端末があるMVNOを選ぶという選択肢もあります。MVNOによってSIMフリースマホのラインナップが違いますので欲しいスマホから選んでもいいでしょう。

 

おすすめの格安スマホとSIMカードのセットはこちら

 

実は通話料が半額になるアプリがある

格安スマホではカケホーダイのような通話し放題のプランや同じキャリア同士の通話料が無料になるプランは基本的にありません。ですが、アプリを使えば通話料を半額に抑えることができたり、例外的にY!mobileが月300回1回10分以内の通話が0円だったり、スーパーだれとでも定額という月1,000円で他社のスマホ、固定電話にかけ放題というプランもあります。

 

通話料が半額になるアプリ

※国際電話もサービス提供国、地域のみですが10円30秒と格安!

 

その他通話料が安くなるサービス

 

ただ、この手を使わなくても通話料が無料になる方法はあります。例えば、LINEでんわやSkypeなどです。ただ、固定電話にかける際には有料となりLINEコインなどが必要になりプリペイドカードをコンビニで買ったりと手続きが面倒です。楽天でんわなどであればクレジットカードで自動的に使った分だけ引き落とされます。

 

今すぐランキングを見るボタン

 

よく読まれている記事

今月オススメの格安SIMとスマホセットランキング1位は?!
格安SIMやSIMフリースマートフォンはどうやって購入する?入手方法は?
防水防塵でワンセグ、おサイフケータイ機能付きの格安スマホを比較!
格安スマホはテザリングできない?いえ、それは違います。
契約前に知っておきたい!格安SIMや格安スマホのメリット、デメリットは?

 

SIMセット

格安スマホのキャンペーン

気になる項目をチェック!



その他の価格のスマホをチェックしてみる!
1〜2万の低価格スマホ
2万〜4万のミドルレンジスマホ
4万以上のハイスペックスマホ


更新履歴