MENU

2万〜4万円くらいのSIMフリースマホはラインナップが豊富

こちらのページでは2万〜4万円以下で買えるSIMフリースマホをご紹介します。これくらいの価格帯で販売されているSIMフリースマホをミドルレンジと呼ばれています。

ミドルレンジ(英: middle range)とは、「中級、中位、中型、中程度、中規模」などの意味。分野により以下を指す場合もある。Wikipediaより

ミドルレンジとは中間という意味ですが、スマホをすでに使ったことのある中級者向けのスペック、価格帯であるのかなと勝手に解釈しています。ミドルスペックでも十分普段使いで問題なく使えるレベルのSIMフリースマホが販売されています。この価格帯はかなりの機種が販売されているのが特徴で似たようなスペックが多いのも特徴的です。

 

2万円以下 →エントリー(初心者層)
2万〜4万円以下 →ミドルレンジ(中間層) ←コスパがいい
4万円以上 →ハイエンド(上級者層)

 

2万〜4万円以下の価格帯で買えるSIMフリースマホが実は一番バランスがよくコスパがいいです。なぜなら、高すぎないので無駄な機能がついていませんし、初期費用として端末代を安くできるのでスペックと価格のバランスが良いので月々のスマホ代を安くするのにはピッタリです。

 

・2万円以下のSIMフリースマホでは普段使いではサクサク動かずにストレスがたまるほど低いスペックですが、2万〜4万円以下のSIMフリースマホではちょうどいいスペックで日ごろアプリにせよネットサーフィンでも問題なく使えるレベルだからです。

 

・4万円を超えるSIMフリースマホは価格が高すぎて格安スマホとしてスマホ代を安くしたいのに本体代が高いのでコスパがよくありません。もちろん、それに見合った機能がついてはいるのですが、スマホ代を節約するという目的からしたらちょっと趣味や自己満足のほうに走ってしまっている印象があります。

 

2万円以下 2万〜4万円以下 4万円以上
画面の大きさ
スペック
本体価格

 

2016年に発売開始された2万円〜4万円以下の格安SIMフリースマホ

機種・価格 評価 コメント

ZenFone 3 (ZE520KL)
価格:39,800円
ZenFone 3

A 2016年10月に発売開始。デュアルSIM・デュアルスタンバイ機能(DSDS機能)を搭載。指紋認証対応。

LTE対応。メインカメラ1600万画素。ROM32GB。RAM3GB。バッテリー2650mAh。約144gmicroSDで容量アップ可能。

arrows M03
価格:32,800円
arrows M03

A 2016年7月に発売開始。防水防塵、おサイフケータイ、ワンセグ対応。

LTE対応。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー2,580mAh。約141g。ROM32GB。RAM3GB。バッテリー2650mAh。約144g。microSDで容量アップ可能。

HUAWEI P9 lite
価格:29,980円
Huawei P9 lite

B 2016年6月に発売開始。指紋センサー付き。シンプルなデザインですが高級感があり人気のスマホです。

LTE対応。5.2インチ。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー3,000mAh。約147g。microSDで容量アップ可能。

FREETEL MUSASHI
価格:約25,000円
FREETEL MUSASHI

B 2016年3月に発売開始。折りたたみケータイでたためばスマホになる変態スマホ。

LTE対応。ROM 8GB。RAM 1GB。バッテリー2,000mAh。約198g。microSDで容量アップ可能。

Blade V580
価格:27,000円
Blade V580

B 2016年3月より発売開始。指紋認証付きで妥当なスペック。

LTE対応。5.5インチ。ROM16GB。RAM 2GB。バッテリー3,000mAh。質量165g。microSDで容量アップ可能。

Zenfone Max
価格:30,000円
Zenfone Max

B 2016年3月より発売開始。バッテリー超長持ち。でも重いのがデメリット。

LTE対応。5.5インチ。ROM16GB。RAM 2GB。バッテリー5,000mAh。質量202g。microSDで容量アップ可能。

 

2015年に発売開始された2万円台の最新SIMフリースマホ

機種・価格 評価 コメント
arrows M02

価格:29,800円
arrows M02

A 2015年12月より発売開始。3万円以下で防水防塵、おサイフケータイ対応docomo、au回線に対応しているのは貴重でコスパがよい。バッテリーも3日持つ。スペックも問題ないレベル。5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー2,330mAh。約149g。
Huawei P8lite

価格:28,600円
Huawei P8lite

B Huaweiから登場したSIMフリースマホ。背面カメラが1300万画素。デュアルSIMでnanoSIMとmicroSIMがさせるのが特徴。5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー2,200mAh。約131g
Zenfone2 Lazer

価格:22,800〜27,800円
ASUS Zenfone2 laser

B Zenfone2の低スペックバージョン。海外でも使いたい人向けでもある。8GBと16GBモデルの2種類。デュアルSIM。5インチ。1280x720ドット。ROM8or16GB。RAM2GB。バッテリー8GB2,070mAh。16GB2,400mAh。約145g
Desire 626

価格:27,800円
Desire 626

C HTCが日本に投入したモデル。5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー2,000mAh。約140g
ZTE Blade V6

価格:26,800円
ZTE Blade V6

C 薄くて軽いスマホをお探しなら。2015年12月新発売。5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー2,200mAh。約122g。デュアルSIM対応。
Acer Liquid Z530

価格:24,800円
Acer Liquid Z530

C Z330の高スペックバージョン。5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー2,420mAh。約145g。ハイレゾ音源再生可能。最大32GBのmicroSDカードに対応。
LG G2mini

価格:29,800円
LG G2 mini

D 2015年3月発売と少し古いモデル。スペック的にも同価格帯のスマホと比べてスペックが低いのでおすすめはしない。4.7インチ。960×540ドット。ROM8GB。RAM1GB。バッテリー2,370mAh。約121g。
LUCE

価格:26,400円
LUCE

C 京セラのau回線対応スマホ。防水防塵対応。スペック的には低め。4.5インチ。960×540ドット。ROM8GB。RAM1GB。バッテリー2,000mAh。約139g。
TONE(m15)

価格:29,800円

TONE m15
B TSUTAYAのTONEモバイルで取り扱っている専用スマホ。大き目のサイズでちょっと重い。5.5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー3,000mAh。約165g。DTS社の音響エンジンを搭載。
KC-01

価格:29,760円
KC-01

C UQ mobileで取り扱っているau回線対応。京セラの防水防塵スマートフォン。スペック的には低い。4.5インチ。960×540ドット。ROM8GB。RAM1.5GB。バッテリー2,000mAh。約133g。

※評価基準は2万〜3万円以下で買えるSIMフリースマホの中で優れているかをスペックや価格などで評価しています。

 

2015年に発売開始された3万円台の最新SIMフリースマホ

機種・価格 評価 コメント
AQUOS SH-M02

価格:39,800円
AQUOS SH-M02

A 防水、おサイフケータイ、赤外線通信対応。ただ、arrows M02が一万円近く安く買えてしまうので割高感がある。カメラはこちらの方が性能が高い。5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー2,450mAh。約145g。
ARROWS M01

価格:36,720円
ARROWS M01

C arrows M02の旧機種。防水防塵機能付きではありシニア向けのシンプルスマホではあるがスペックが低く割高感を感じる。4.5インチ。1280x720ドット。ROM8GB。RAM1GB。バッテリー2,500mAh。約153g。
Zenfone Selfie

価格:37,800円
ASUS Zenfone2 selfie

B Zenfone2 laser自撮り機能を強化したモデル。肌の色や、瞳の大きさ、小顔効果まで加工ができる「美人エフェクト」モード付き。インカメラが1,300万画素なので自分の顔を見ながら撮影できる。5.5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー3,000mAh。約170g。
Ascend MATE7

価格:約35,000円
Huawei Ascend Mate7

B 発売当初は5万円以上したハイスペックスマホ。値下がり中で3万円台と手ごろ。6インチでフルHD画面と大きくバッテリー容量が4,100mAhと多いのも特徴。6インチ。1920x1080ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー4,100mAh。約183g。
DIGNO M

価格:38,400円
DIGNO M

A 京セラのau回線対応スマホ。こちらは防水防塵、おサイフケータイ、ワンセグ対応とスペックは高い。ですが、arrows M02が3万円ちょっとで買えるということで割高感はある。ワンセグが欲しい人向け。5インチ。1920x1080ドット。ROM32GB。RAM2GB。バッテリー2,600mAh。約134g。
LG G3 Beat

価格:34,800円
LG G3 Best

C UQ mobileでセット販売しているau回線対応スマホ。スペックは高くないのでau回線なら他のスマホがおすすめ。5インチ。1280x720ドット。ROM8GB。RAM1GB。バッテリー2,460mAh。約135g。
LUMIERE

価格:38,880円
LUMIERE

C Y!mobileで販売しているsoftbank回線対応のスマホ。名前は違うがHuawei P8liteと中身は同じである。正直高い。5インチ。1280x720ドット。ROM16GB。RAM2GB。バッテリー2,200mAh。約131g。

※評価基準は3万〜4万円以下で買えるSIMフリースマホの中で優れているかをスペックや価格などで評価しています。