MENU

格安スマホとは安くスマホが使えて通信費を節約できます。

格安スマホとは、SIMフリーのスマートフォンに三大キャリア以外のSIMカードをさして使えるスマートフォンのこと

 

SIMフリーのスマートフォンとは、通常三大キャリア(docomo、au。softbank)でスマホを契約する場合、SIMロックというのをされています。これは他のdocomoでスマートフォンを買ってauのSIMカードをさしても電話やLTE通信ができないようにしていますが、これが全く関係なくどこの通信会社でも使えるスマートフォンのことです。

 

マイクロSIMカード

こいつがスマホにも入っているSIMカードです!

 

SIMロックがされていないスマートフォン。つまりSIMフリーのスマートフォンに様々な通信会社(MVNO)から好きなプランを選んで自由にスマホでネットや通話ができて、しかも毎月の通信費を節約できるという今までの携帯電話業界に新しい風を飛ばしているジャンルなんです。

 

様々な通信会社と言っても、実は電話回線やLTEのネット回線はdocomoやau、softbankの通信網を借りているので昔のPHSのようにちょっと田舎にいくとつながらないというわけではありません。多少通信速度は下がる傾向にありますが、普段使いには十分の速度がでますし、電話も普通にできます。

 

docomoの電話通信回線を利用しているMVNO

など

 

auの電話通信回線を利用しているMVNO

 

softbankの電話通信回線を利用しているMMVNO

  • Y!mobile

 

mineoはauでもdocomoでもどちらの回線を利用することができる唯一のMVNO業者です!

 

docomoのスマホを使っている人はdocomo回線を利用する場合、SIMロック解除する必要はありません。ですので、docomo系回線のMVNOでSIMカードを契約すればSIMフリースマートフォンを新たに購入する必要はありません。詳細はこちらの記事をチェックしてください。

 

元々、スマートフォンやガラケーにはSIMカードは入っていました。今あなたが使っているスマホにもSIMカードは入っています。SIMカードには携帯会社で契約した契約情報や電話番号などの情報が入っており、スマホで電話したりネットしたりするのに必要なものです。

 

格安スマホでもMNPで以前使っていた電話番号をそのまま移行できますので、電話番号そのままで使いたい人も安心してください。

 

格安SIMにはデータ通信のみと音声通話対応SIMがある

インターネット 音声通話
データ通信SIM ×
音声通話SIM

 

データ通信SIMにはSMS機能付きや050ナンバー付きなどもあるのですが、格安SIMカードには大きく2種類あると覚えてください。

 

データ通信SIMは主にネット中心で電話は必要ないよ!という人向けです。主にSIMフリーのタブレットにさして外で使ったり、もう1台ガラケーとタブレット、スマホを組み合わせて使う人用です。

 

音声通話SIMは主に電話、ネット中心でどちらも使いたい人用です。SIMフリーのスマホにさして通信費節約を目的に使う人に多い組み合わせです。格安スマホというと、「SIMフリースマートフォン」+「音声通話SIM」の組み合わせになります。

 

 

格安スマホにすると得する人の例

電話をあまりしない人(月数回の1時間以内)や家では固定回線のwifiでネットをしているという人。こういう人には格安スマホに切り替えると月数千円で節約できるかと思います。最近ではSkypeやLINE電話などのアプリを活用して通話料を節約している人も増えてきています。

 

さらに、docomoのスマホを今使っている人はSIMロック解除すれば(docomoショップで3,000円程度)スマホ端末を新たに購入する必要なく月額料金のみで利用することができます。

 

 

格安スマホが向かない人の例

格安スマホはかけホーダイはありません。通話料も通常20円/30秒となります。つまり、電話をよく使う人には向かない仕様となっています。また、家ではフレッツ光など光回線やADSL、ケーブル回線などの固定回線を引いていなくてwifiを使ってネットが出来ない人は通信量が増えますので1GBの少ない通信量で契約している場合、すぐに速度制限にかかってしまう可能性があります。

 

また、docomoなどのメールアドレスも使えなくなりますので注意が必要です。メリット、デメリットについてはこちらの記事をチェックしてみてください。

 

 

で、結局どれくらいスマホ料金が安くなるの?

結局はココですよね。管理人自身も格安スマホに最近乗り換えました。softbankでiPhone5を使っていたのですが、月額8,000円程度かかっていました。ですが、BIGLOBEの格安SIMとSIMフリースマートフォンを組み合わせて現在では月額3,000円程度です。電話は全くしませんし、するときも通話料が半額になる楽天でんわを使って10円/30秒と安くしています。

 

(変更前)月額8,000円 → (変更後)月額3,000円 = 年間6万円の節約!

 

管理人はSIMフリースマートフォンを別途購入しましたので端末代もかかっていますが、3万円程度でしたが年間3万円程度浮いたことになります。キャリアのメールは使えなくなりましたが、GmailやLINEなどを元々使っていましたので不便に感じてはいません。

 

 

最近はSIMフリースマホとSIMカードのセット販売が主流

以前までは格安SIMカード単体での販売が多く、別途SIMフリーのスマホやタブレットを用意する必要があり初心者には敷居が高かったんですが、最近ではSIMフリーのスマートフォンと格安SIMカードのセット販売が増えてきました。

 

SIMフリーのスマホも徐々にSonyのXperiaシリーズなど国産スマホも増えてきて敷居も下がってきています。

 

 おすすめの格安SIMとスマホセット契約できるMVNOはこちら

 

 

SIMセット

格安スマホのキャンペーン

 

トップページへもどる