MENU

データ通信のみと音声通話付きSIMとどっちを選ぶべきか

SIMカードを契約するときに悩むのがデータ通信のみできるSIMカードと音声通話付きSIMカードのどちらにするかです。

 

これはあなたの使い道によって選べばいいと思います。

 

データ通信のみSIMカードでOKな人

  • 7インチ以上のタブレットで使う
  • モバイルルーターにさして使う予定
  • すでにガラケーなど電話できる。ガラケーと2台持ち予定。

 

SIMフリーのタブレットやモバイルルーターにはほとんどが通話機能がついていません。ですので、それらにSIMカードをさして使う予定の人はデータ通信のみSIMカードで大丈夫です。すでにガラケーを持っていて電話できる。2台持ちの予定ならデータ通信のみSIMカードでも大丈夫でしょう。

 

音声通話付きSIMカードを選ぶべき人

  • 今使っているスマホをSIMフリーにして使う予定
  • ガラケーからSIMフリースマホに買い換える予定
  • スマホ以外に家の電話など電話ができる環境にない
  • LINEなどを使う予定

 

今持っているスマホやガラケーをSIMフリースマホに買い替えるという人には音声通話付きSIMカードをオススメします。若干データ通信のみSIMカードよりも月額料金は高くなりますが、やはり電話機能は必要でしょう。

 

音声通話付きSIMカードでも今の電話番号をそのまま引き継ぐMNPで移行することが出来ます。今の電話番号をそのまま使いたいという人にもオススメです。

 

データ通信のみSIMカードでも電話することは可能ですが、現在使っている電話番号が変わってしまったり、050から始まるIP電話ということで音声がクリアじゃなかったり途切れたり、タイムラグが発生することもありますから注意が必要です。

 

 

SIMセット

格安スマホのキャンペーン

 

トップページへもどる