MENU

SIMカードやSIMフリースマホはどうやって購入したらいいの?

女性

SIMカードを使いたい!と思ったけどどこで買えるのか知りたい!という人も多いのではないでしょうか。このページではSIMカードの購入方法や入手方法を紹介しています。

 

 

SIMカードの購入方法

  1. ネットで契約する(amazonや楽天やMVNO業者など)
  2. 店頭に行って契約する(Y!mobileや家電量販店、イオンなど)

 

主にネット販売 amazon、楽天モバイル、DMM mobile、U-mobile、NifMo、OCN モバイルONEなど
独自店舗 楽天モバイル(楽天カフェ)、U-mobile(U-NEXTストア)、freebitなど
家電店 ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、コジマ、エディオン、ベスト電器、イオン、ソフマップ、TSUKUMO、ドスパラ、Joshin、BOOK OFFなど
コンビニ ローソン

 

基本的にネットからの契約が中心です。amazonや楽天市場からでもSIMカードは注文、契約することが可能です。

 

最近ではなんとイオンでも格安スマホ(SIMフリーのスマホとSIMカードがセット)を販売しており、イオンに行って格安スマホを契約することもできます。

 

ただ、家電量販店はSIMカード単体の販売ではなく、スマホとのセットで販売されていますので、すでにSIMフリーのスマホやタブレット、ルーターを持っている人にはわざわざもう一度スマホとのセットを購入する必要はないかと思います。

 

また、ネットから申し込みではキャッシュバックや月額料金が6ヶ月無料になるなど大々的なキャンペーンを実施しているので特にこだわりがない人はネット申し込みがオススメです。

 

 おすすめの格安スマホ+SIMセットはこちら

 

プリペイドSIMカードを購入したい場合

クレジットカードを持っていない人や短期間だけ試してみたいという人には「プリペイド版SIMカード」が用意されています。IIJmioはなんと全国のローソンでもプリペイド版を購入することができます。

 

  • OCN モバイルONE プリペイド
  • IIJmioプリペイドパック
  • U-mobile プリペイド
  • mineo プリペイドパック

 

用意されているプリペイドカードの種類

MVNO プリペイドカード種類
OCN モバイルONE 50MB/日(20日間)

1.0GB(3ヶ月間)
30MB/日(30日間)※

IIJmio 2GB(3ヶ月間)
U-mobile 100MB/日(15/30日間)
mineo 1GB(2ヶ月)

※ローソンのみ取扱い

 

OCN モバイルONEとIIJmioはリチャージといって残量を追加することができます。データ量の残量がなくなっても全国のローソンや家電量販店でリチャージカードや延長・追加パッケージというのを用意されており、購入できますのでご安心ください。

 

ただし、mineoのみ使いきりのタイプとなって容量の追加はできません。

 

プリペイドカードを購入できる場所

MVNO 購入できる場所
OCN モバイルONE ローソン、ヨドバシカメラ、ドスパラ、エディオン、NTTコムストア、amazon、goo
IIJmio ローソン、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機、TSUKUMO、PC DEPOT、イーブーム、エコたん、ヨドバシカメラ、ベスト電器、Joshin、amazon
U-mobile U-NEXTストア、GLOBAL WiFi(羽田空港店、関西国際空港店、福岡空港店)、成田空港SKYカウンター、東京タワー(グッズショップ、タワーショップ)、ホテルモントレの一部ホテル、はとバス浜松町バスターミナル、ホテルニューオータニホテル、ホテルバン
mineo amazon、eoスマイ特選街

 

コンビニのローソンでもSIMカードは購入できますが、OCN モバイルONEは延長パックのみですので注意が必要です。選べるのは30MB/日のみとなります。他の家電店などでは50MB/日や1.0GBの容量が入ったカードが購入することができます。

 

 

SIMフリースマートフォンはどうやって購入できる?

去年あたりはSIMカード単体での販売が多かったのですが、最近では格安スマホ(SIMフリースマートフォン)とSIMカードのセット販売が増えてきました。格安スマホとはいえ、最近では4万円以上するハイスペックのSIMフリースマホも登場しています。

 

簡単にSIMフリースマホを購入しようと思ったら手っ取り早いのがAmazonです。

 

amazonでは様々なSIMフリースマートフォンが購入できます。MVNOといわれる通信業者が取り扱っていないスマホ機種も手に入ります。MVNOのスマホセットでは取り扱われていないけど、使いたいスマホがある場合はスマホ単体とSIMカードを別に購入するという方法もあります。

 

ですが、amazonでは基本的に一括払いになります。最近では高いスマホも登場してきましたので一括払いはキツイという人も多いでしょう。

 

最近ではSIMフリースマホとSIMカードのセット販売も増えているといいました。こちらのページでセット販売しているMVNOやセットで販売されているSIMフリースマホをチェックできますのでぜひチェックしてみてください。

 

SIMフリースマホとSIMカードのセット販売でのメリットは「分割払い」ができる点でしょう。毎月の月額料金に上乗せできるので負担が少ないというのが大きいですね。一括でも支払い可能で楽天モバイルは楽天スーパーポイントで端末代金を支払うことも可能です。

 

 

SIMフリー版のiPhone6/Plusの購入方法は?

大人気のiPhone6ですが、今までアップルストアで購入できませんでした。一説によれば中国での転売目的での大量買いを阻止するためとかいううわさもありました・・・

 

iPhoneシリーズはdocomoやau、sofutbankではSIMロック解除できませんので自分でSIMロック解除するか新品、中古でSIMフリーのiPhoneを入手するしかありません。

 

その話題のSIMフリー版iPhone6/Plusの販売が再開されたわけですがかなりの高級スマホです。というか、SIMフリースマホの中では一番高い部類になります。なんとiPhone6の16GBでも約9万円します。iPhone6 Plusの128GBはなんと約12万円もします。

 

最近スペックが非常に高いと注目されているZenfone2とかでも約5万円程度なので2、3台買えてしまうんです。

 

キャリアで契約するとスマホ端末代を分割で支払っていたと思うのですが、その分キャッシュバックという形で毎月相殺されていた人も多いでしょう。ですが、格安SIMで使おうと思ったらそうはいきません。さすがにどこのMVNO業者も取り扱っていません。

 

ですので、どうしても欲しいという人以外はオススメしません。Androidスマホでも十分いいスマホがあります。おすすめのスマホはこちらで紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

 

 

SIMセット

格安スマホのキャンペーン

 

トップページへもどる