MENU

通話対応SIMカードのみとスマホセットの比較

通話対応SIMカードを選ぶときにSIMカードのみとスマホセットで契約するのとどちらか選ぶ必要があります。

 

さて、あなたはどちらを選んだ方がいいか分かりますか?

 

通話対応SIMカードのみでOKな人

  • すでにSIMフリーのスマホ端末を持っている
  • docomoで使っていた中古のスマホを引き続き利用する
  • 使いたいSIMフリーのスマホがある
  • どうしてもiPhoneをSIMフリーで使いたい

 

もうすでにSIMフリーのスマホを持っているのであれば、スマホとセット契約する必要はありません。docomoは店頭で数千円出せばSIMフリー化することができます。つまり、スマホ端末は購入する必要がないんです。

 

使いたいSIMフリースマホがある場合にスマホセット契約で取り扱っていない端末だったら、自分で購入する必要があります。また、スマホとセット契約で購入できるAndroid端末だけです。ですので、iPhoneをSIMフリーで使いたい人はSIMカードのみを選択する必要があります。

 

メリット
スマホセットより契約年数が短い
MVNO業者の選択肢が多い
好きなスマホ端末が選べる(海外など)
手持ちのSIMフリースマホを活用できる

 

デメリット
端末購入費の初期費用が高い

 

SIMカードとスマホセットで契約した方がいい人

  • SIMフリーのスマホ端末を持っていない
  • SIMフリースマホを一括で購入できる余裕がない
  • au、softbankのスマホを使っていた

 

SIMフリーのスマホを持っていない人はスマホとセット契約を選んだ方が無難でしょう。ネットでSIMフリースマホとSIMカードを別々で購入すると手間ですし、中古の場合はスマホ端末に不具合があっても保証が無くサポートなどもありませんので初心者の方には色々とハードルが高くて大変です。

 

SIMカードのみで契約した場合、多くはスマホ端末を買うことになりますが一括で購入する必要があります。ですが、スマホとセット契約なら分割で月額料金と一緒に支払うことができますので楽です。

 

au、softbankのスマホはほとんどがSIMフリーにすることができません。ですので、SIMフリースマホを買う必要があります。

 

メリット
SIMフリースマホを個別に購入する必要がない
スマホ端末代を分割で支払うことができる

 

デメリット
契約期間が2年契約と長くなるケースが多い

 

 

SIMセット

格安スマホのキャンペーン

 

トップページへもどる