MENU

So-net モバイルLTEでスマホやSIMを契約する前にチェック

So-netモバイルサービス

 

対応している中古スマホのキャリア
docomoスマホ auスマホ softbankスマホ

丸

バツ

バツ

※auのスマホをそのまま利用したい方はこちらをチェックしてください。

So-netのモバイルサービスでは以下のようにいくつかサービスが分かれているのでちょっとわかりづらいです。大きく分けて2種類のサービスがあります。

 

ソネットのLTEサービス

  • SIM単体(LTE SIM+、0 SIM、Prepaid LTE SIM、PLAY SIM)
  • LTE SIM+スマホセット、ルーターセット

 

各SIMサービスの特徴

LTE SIM+ ・3GBのライトプラン(1,890円)

・制限なしのデータフルプラン(4,180円)

0 SIM 毎月500MBまでは無料で使えて100MBごとに+100円追加。2GB〜5GBまでは1,600円定額。5GBを超えると速度制限がかかるプラン
Prepaid LTE SIM プリペイド式のSIM。プランは1GB、2.2GB、3GB。追加チャージで200MB、500MB、1GBが追加可能。東京駅などで販売。
PLAY SIM 2GB、6GB、10GBのプランを用意しており、ルーターとのセット販売もあり。全国の家電量販店(ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Joshin、ビックカメラ、アプライド)で販売。

 

雑誌の付録にSIMカードがついて全国に売り切れになるほど人気になった毎月500MBまでは月額料金無料の「0 SIM」やプリペイド式のSIM、全国の家電量販店で購入して使える「PLAY SIM」などがあります。

 

LTE SIM+ではスマホ、ルーターとのセット販売も実施しています。

 

LTE SIM+とスマホセットで買えるSIMフリースマホ

ZTE Blade V6 Zenfone2 E5377
ZTE Blade V6 Zenfone2 E5377

 

端末代込みでZTE Blade V6が月額1,980円(2GB/月)、Zenfone2が2,980円(3GB/月)、E5377が3,027円(5GB/月)で利用できます。月に2GB、3GB、5GBと各端末で設定されており、3日間で240MB、360MB、500MBの通信量を超えると速度制限がかかる仕様となっています。(当日深夜から翌日の朝まで制限されます)

 

So-net モバイルLTEはMNPできる?

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)に対応しているので今使っている電話番号を引き継ぐことは可能です。

テザリングはできる?

テザリング対応端末ならテザリング可能です。

電話の通話料金はいくら?

国内通話は20円/30秒でかけることができます。

データ通信量を確認する方法は?

ユーザーWEBにログインして確認することができます。