MENU

Ascend Mate7は珍しい6インチサイズのSIMフリースマートフォン

Huawei Ascend Mate7

 

 3万円台で購入できる6インチSIMフリースマホ
 4100mAhと大容量バッテリーで電池の持ちがいい
 1300万画素カメラで写真もきれいに撮れる

 

管理人もアスファルトに落として画面を割るまでは一時期使っていたのですが、格安スマホとは思えない画面のキレイさやアルミであしらった外装で全然チープに思えませんでした。買ったときには5万円したAscend Mate7も今では3万円台と値落ちして手ごろ感があります。

 

Ascend Mate7の本体スペック

OS Android 4.4
CPU Hisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHz
画面サイズ 6インチ
解像度 フルHD(1920x1080)
メモリ 2GB
データ容量 16GB
バッテリー容量 4100 mAh
重量 約183g
寸法 幅81x奥行き157x厚み7.9 mm
カメラ 前面200万画素、背面1300万画素
SIM microSIM
SDカード microSD(最大32GB)
カラー ホワイト、ブラック

 

画面も大きいのですが、スペックも高いのが魅力です。オクタコアのCPUにメモリは2GB、記憶容量は16GBですが外部にSDカードをさせば容量追加は可能。カメラも1300万画素と高く、なんといってもバッテリー容量が4100mAhと大容量で電池の持ちがいいのが嬉しいところです。

 

Ascend Mate7が手に入る場所

 

発売当初は5万円した「Ascend Mate7」ですが、徐々に値下がりして最近では3万円台で購入することが可能となっています。分割払いで毎月支払って行きたい人にはMVNOでスマホとSIMカードセットでの購入をオススメします。

 

SIMセット

格安スマホのキャンペーン

 

トップページへもどる